Blog

毎日スパイスの事について
少しずつ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 雑記
  4. ホタテのモイリー続き書くの忘れとった の巻

ホタテのモイリー続き書くの忘れとった の巻

今日は5月3日。
福岡の街はなんとなくどんたくなもよう。

福岡に住んでる人にとっては、
「は?どんたく?そんなもん誰が行くん?人が多いだけやん~」ってのが大半じゃないかな?

そんな私らが唯一?と言っても過言ではない。
どんたくを見に行く機会もあります。

それは身内友人が参加する時。

そりゃ~私だって、自分の家族が参加すりゃ~見に行きましたよ。
カメラ抱えてね。

でもね。
私も友人のおまけで過去一度出た事があるのですが、そん時はうちの家族は誰も見に来なかったな~。
そんなどんたくの思い出。

今年は天気も良さげですな。
参加される方は楽しんで下さいな。

 

とまあ
そんな話はどうでもよくて

先日来書いていたホタテのモイリー。
作り方の続きを書くのすっかり忘れてた。

レシピはこちら

これに沿って作り方も書いてんだけど。
今回は下処理のコツですね。

 

ホタテの漬け込みが終わったら、その他食材をカットして行きましょう。

玉ねぎはスライスにします。
厚みはそれぞれいろいろ有るのですが、今回はちょいと厚めの2~3ミリスライスです。
ちょいと厚めの理由は↓のような事です。

玉ねぎに関してうちでよく使うテクニックとして、焼き目を付けるというのがあります。
いつもなら焼き目!焼き目!としつこく言う所なのですが、今回はそこまで焼き目を付けなくても良いかなと。
何でかって言うと、モイリーはココナツを使って白っぽい仕上がりになるので、色的にさ。より白い方が綺麗なんじゃない?なんてしょうもない理由。なんだけど料理って見た目も大事だしさ~。
という事で、2~3ミリにしといて、玉ねぎは具材にしてやろうという作戦ですね。
いやいや焼き目大事っしょ!って方は薄めにスライスして、しっかり焼きめでももちろんOK。

青唐辛子はスリットを入れておきます。
スリット?なんそれ?って人は、チャイナドレスを思い出そう。ね。分かったでしょ。

トマトはくし切りにします。
今回はくし切りにしていますが、この辺はまあなんでもいいかな~。輪切りにするとちょっとバエます。
でもさ~。輪切りってなんか狙ってる感がするので、50のおっさんにはちょっと気恥ずかしいの。昔の定食屋みたいにくし切りが男らしくて好き。バエたい人は断然輪切りがおすすめ。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。