Blog

毎日スパイスの事について
少しずつ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Uncategorized
  4. 凄い店に行った

凄い店に行った

日曜日はお休みなのだが、まとまったテイクアウトの仕事が有ったので出勤。
仕事終わりに街をぶらぶら。
昔仕事先の先輩から教えられていたが、10数年ぶりに思い出して1人ふらっと飲み屋に入店。
まあなんともない、こ汚い小料理屋。
メニュー表もないがまあいいやと思いビール。


この店が凄かった。

ガラスケースの中に色々有り、そこから刺し身やツマミなど。
あとはぶら下がってるメニューがスタンダードなのであろう。
うどんやらお茶漬けやら書いてある。

お刺身つまみながらぼちぼち様子見。
私の前には女性の一人客だったのだが、しばらくしている間にちらほらお客様が来て軽いツマミに酒をちびちび。10席程度のカウンターのみの席がほぼ埋まる。

そこに外人さんの4人連れ。
みんなして詰めて詰めて満席。私もカウンターの端っこでもう斜めになりながら飲んでる感じ(笑)

マスターは英語も喋れないのか、どうしよう?みたいな雰囲気で。

外人さん達しばらく内輪で相談していて、唯一片言日本語が喋れそうな1人が「お好み焼き4枚と水」の注文。
ぶら下がりメニュー見てみるとお好み焼き¥600のメニューが。
あ~、こういう店はお酒のオーダー貰ってやっていける店なんだよ。
一言行ってやろうかいなと考えつつも私の酷い英語力と初めての客のでしゃばりは無用との総合判断でダンマリ決め込む。
そしたらおもむろにマスターが日本語で「お好み4枚は多い、2枚にしとき」と。


耳を疑った。オーダーの催促するでも無く、むしろ減らせとおっしゃる。

すると私の隣のお客様が「いや~マスターが言わんかったら私が言おうと思ってたよ」と。
いやいやあんたが言うたら営業妨害よ!などと思ってマスターの顔を見るとまんざらでもない様子。
その後お客様が何人も来られるも入店出来ず。
私は3杯目の日本酒と、3品目の締めの飯をあさりながら次のお客様が来られたら席を譲ろうとがっつく。

外国人4人様会計~。
笑顔で「1200円です!」1人頭300円。

本当にびっくりした。これが作り笑いではなく心からの笑顔だった・・・

とんでもない店があるもんだ、繁盛店には理由が有る。
それを目の当たりにしてしまった。

そして帰り際、横のお客様と少しだけ話していたのだが、「またここで会いましょう」と声をかけられた。
私を送る皆さんの顔が「またここで会いましょう」だった。
どたまかち割られた。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031