Blog

毎日スパイスの事について
少しずつ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 一人カレー研究会
  4. マニアックスパイスニゲラについて現役料理人が語る

マニアックスパイスニゲラについて現役料理人が語る

はいどうも、カリーチャクラです!
今回は【ニゲラ】ってスパイスについて書いていこうと思います。マニアックスパイスの登場ですね。

さあこのニゲラ、私たち料理人の立場からしたらマニアックで使い道があまりないスパイスなのですが、ガーデニング関係ではボチボチ人気のお花らしく、青いかわいらしいお花を咲かせるようですね。
ガーデニングに使われるニゲラとスパイスに使われるニゲラは厳密に言えば品種が違いまして、お花の方はNigella damascene スパイスの方はNigella sativa となりますね。
今回はスパイスの方をメインに書いていきますので、お花のニゲラを知りたい方は別のページをあたって下さいませ~。

スパイスバージョンニゲラのお話をするのはいつもの私。仕事に疲れてサラリーマン退職から30代に飲食店での独立、現在南インド料理を作る現役料理人CHAKRA店主のヒロシです。それでは始めましょう~ Let’s Spice!

 

■ニゲラってどんなスパイス?

ではまずニゲラの基本的なことから行きましょう。
こちら学名は上にも書きましたが【Nigella sativa(ニゲラ・サティバ)】ですね。インドだと【kalonji(カロンジ)】で和名だと【ニオイクロタネソウ】となり【キンポウゲ科クロタネソウ属】になります。

原産国は地中海沿岸や西アジアです。5~7月に綺麗な花を咲かせる一年草で、花が散った後取れる種がニゲラですね。

そしてこちらクミンのページにも書いているのですがお名前のつけ方間違っちゃった属でして、ブラッククミンやブラックキャラウェイなんて呼ばれたりもしています。
メジャーなクミンを利用して名を馳せようとするとするニゲラさん。キャラウェイまでも巻き込んでもう~お名前大戦争です。

そんなニゲラなのですが実は歴史は古く、古代エジプトではミイラの保存に使われていたとかで、3000年以上もさかのぼります。しかもこ薬効もすごくて、そんなすごい歴史のあるスパイスなのにな~んでクミンなんかにすり寄らなきゃならなかったのかね~なんて思います。実はニゲラはすごいスパイスです。

 

■ニゲラの味や香りは?

まずは香りなのですが、香りはクミンに近いですね。
クミンのクセをちょっと抑えてさわやかさを足した感じって言えば伝わるかな~?伝わらんかね。
ず~っと嗅いでいるとそのうちクミンも消えてきて、だんだんショウノウのような香りが強くなってきます。
スパイスの中では香りの弱い部類に入ると思いますね。

味に関しては恒例のそのままパクリをしたのですが、最初は何も感じなかったです。しかしそのまましばらく噛み続けると、独特の苦みが口の中に広がります。正直そんなに美味しくはない。
毎回思うのですがスパイスってそのまま食べるとそんなに美味しくないのに、油でテンパリングされると香りが良くなるっていうのは素敵です。

 

■ニゲラの効能はすごい!

最初に言いますが、ニゲラの薬効はすごいですよ!死んだ人以外は全部直すって言われています!
昔はミイラに塗りこまれていたって事からすれば、死んだ人にまで効くって思われていたのかもしれないですね~。
まあそんな迷信めいた事は置いといて、抗菌抗酸化作用があるとはされているので、ミイラに使われていたのはあながち間違いではないという事です。

あとは、胃の荒れを和らげて消化の促進をする、肌のあれにも効果が有るとされています。
抗酸化作用から美容の効果も期待され、美肌の効果もあるとされていますし、ダイエットにも効果が有ると言われています。

 

■どんな料理に使うの?

ニゲラがいまいち有名になれない理由はここだと思うのですが、料理に使われる例はパンチフォロンの一択です。こんな事私みたいな料理人が言ったらいかんのですがほんとにこれしかない。他にはナンにつけて焼いたりとかレシピ的なものは有るのですが、一般的には見たことがありません。それが事実って事なんでしょう。

ちなみにパンチフォロンというのは西インドの方で使われるミックススパイスで、ニゲラ、クミン、マスタード、メティ、フェンネルを混ぜたもの。こちらのミックススパイスを油の中に入れて火にかけ、油に香りを移してから料理をします。この際にいろいろな食材に合わせるのですが、肉料理にはあまり使わず、野菜や魚などと合わせる事が多いですね。これはパンチフォロンをよく使用しているベンガル地方が淡水魚と野菜を多く食べる事に由来しているのでしょう。
パンチフォロン以外のニゲラの使い方としては、ほぼ同じ事なのですが、パンチフォロンにせずニゲラ単品で油に入れて火入れしてから料理をするという方法もあります。パンチフォロンにするのか単品で使うのかの違いだけで調理法は同じ。結果こちらも肉料理にはあまり使わずジャガイモなどの野菜と合わされます。まあ同じ事ですね。

 

■ニゲラについてのまとめ

今回はマニアックスパイスニゲラの基本情報、味や香り、効能、料理への使い方についてまとめてみました。
こちら本文中にも書いているのですが、料理への応用がパンチフォロンのほぼ一択ですので、もっと細かい使いかたはパンチフォロンのページにてまとめようと思います。

 

■今回使ったスパイス

 

 

 

皆様の健康のためご家庭にもっともっとスパイスを

チャクラ 小川

 

 

 

こちらの記事の著作権は当方に帰属しますが、シェアは無許可でOKです。下のボタンよりどうぞ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930